肝斑ができる原因って?女性ホルモンと関係あり?

美容関連で、「肝斑(かんぱん)」という言葉を聞く機会が増えてきました。
肝斑とは、シミの一種ですが、通常加齢などでできるシミとは区別されています。
肝斑にはほかのシミとは異なる特徴がいくつかあります。
見た目としては、淡褐色の少しぼやけたようなシミ(斑)です。
シミの境界がはっきりしてるのも特徴です。
多くのシミが高齢になるほど増えるのに対し、肝斑は30~40才代の女性に多くみられるのも特徴の1つです。
特に日本人は肝斑ができやすいようです。
肝斑の原因はまだ明らかにはなってませんが、妊娠時、閉経期、生理不順時などに発生しやすいため、女性ホルモンバランスの乱れが関係していると考えられています。
肝斑かどうかを見分けるのは、シロウトでは難しいとされています。
肝斑を消す食べ物